×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシックのインフォームド・コンセント

レーシックのインフォームド・コンセント

スポンサードリンク

レーシックは、手術中、手術後もともに痛みがほとんどなく、
視力の回復も早いことから、いまや近視手術の90%以上を占めています。
入院の必要もなく、翌日にはほぼ通常の生活を送ることができることから、
最近、日本でもレーシックを検討される方が急増中です。
レーシックを検討されている方に、ちょっとしたマメ知識をお届けします。

レーシックのインフォームド・コンセント

最近よく、インフォームド・コンセントという言葉を耳にします。
インフォームド・コンセントとは、患者が医師や看護婦さんなどから
検査や治療についていろいろと十分に説明を受けて、
疑問点などを解消し、心から納得してその検査なり治療を
受けることに同意することをいいます。

レーシック手術でも、このインフォームド・コンセントは
とても重要です。
手術を受けようとする人が、事前に手術について納得できるまで理解し、 不安や誤解がないようにしなければ、良い結果も得られません。

レーシックのインフォームド・コンセントでは、主に、以下のような 項目について説明、およびそれについての同意が必要です。
現在の目の状況、手術をすることで得られると予測される裸眼視力、 手術の手順m、術後の経過と注意事項、合併症や後遺症、
術前、術後の準備と手続きなど。


レーシックのインフォームド・コンセント 次のページ


レーシックについて、まずは無料説明会へ

神戸クリニック


【ご案内】

メールはこちら!
   までお願い致します。

【厳選リンク!】


 リンク集